関電管内、節電でも16%電力不足

 電力会社が公表している電力の需給見通しが正しいかどうか、第三者の立場で調べる政府の「需給検証委員会」の初会合が23日開かれ、全国の電力各社が同委に最新の需給見通しを示しました。

 それによると、原子力発電所が動いていない状態で、2010年並みの猛暑に見舞われた場合、確実に見込める節電分を織り込んだとしても関西電力管内では16.3%、九州電力管内は3.7%、北海道電力管内も3.1%足りなくなるそうです。

 電力会社が示した需給見通しは、かなり悲観的なようです。東西で分けると、西日本(中部電力含む)が3.6%の不足で、東日本は3.7%の余力があったそうです。意外な事に東の方が余力があります。しかし、考えてみれば関西電力は発電能力の半分が原子力でしたから、当然の結果かも知れません。

 関西電力の16%不足とはかなり深刻な事態と言わなければなりません。あくまでも、2010年並の猛暑に見舞われた場合、と言う条件付きではありますが。