岩見沢で積雪194センチ

 北海道中部にある岩見沢市では16日、平年の2.6倍となる積雪194センチメートルを観測。1946年に統計を取り始めて以降の最高記録を更新しました。

 これまでの最高記録は1970年3月に記録された180センチメートルで、今回はそれを14センチ上回っています。また、岩見沢市に隣接している新篠津村では、なんと213センチメートルの積雪を観測し、平年の3倍以上の積雪に見舞われていると言う事です。

 毎日寒いですね、本当に。先日は都内でも氷点下を記録しましたが、岩見沢市では局所的な大雪に見舞われており、市の除雪能力の限界を超えた積雪に都市機能は麻痺しているそうです。

 194センチ、ダルビッシュでも埋まってしまいますね。しかも、新篠津村では213センチ。こっちはジャイアント馬場でも埋まってしまいます。雪には慣れっこの筈の道産子も、さすがに対応し切れていないようです。市の除雪能力は限界を超えていますから、自衛隊にも出動要請をするでしょう。