野球殿堂顕彰者5人を発表

 野球殿堂博物館は18日、今年の野球殿堂顕彰者5人を発表しました。競技者表彰の「プレーヤー部門」は現巨人2軍監督の斎藤雅樹氏(50)と、現福岡ソフトバンクホークス監督の工藤公康氏(52)が選出されています。同じく「エキスパート部門」は故・榎本喜八氏が選ばれました。

 斎藤雅樹氏は1982年にドラフト1位で巨人へ入団。右のサイドスローから繰り出す速球を武器に、2年連続20勝や11連続完投勝利の記録を残し、沢村賞にも3回輝きました。

 工藤公康氏は1981年にドラフト6位で西武ライオンズに入団。左のエースとして西武の黄金時代を支え、その後ダイエー(現ソフトバンク)ホークス、巨人と渡り歩いて224勝を挙げ、優勝請負人と呼ばれました。工藤氏は資格取得1年目のでの選出で、これは1960年のビクトル・スタルヒン、1994年の王貞治、2014年の野茂英雄の各氏に続き、史上4人目です。

 榎本喜八氏は1955年に毎日オリオンズ(現千葉ロッテ・マリーンズ)にテスト入団。安打製造器の異名を取った最初の選手として知られ、1000本安打と2000本安打の最年少記録をはじめ、数々の高卒新人記録を保持しています。

 また、アマチュア野球関係者などが対象の特別表彰は、元衆院議員で太平洋戦争後の野球復興などに尽力した故・松本滝蔵氏と、法政大学で投手として東京六大学野球リーグ歴代最多の通算48勝を挙げ、1992年バルセロナオリンピック日本代表監督も務めた山中正竹氏(68)が選出されています。

 これで殿堂入りは競技者表彰89人、特別表彰103人の合計192人となりました。

同僚との飲み会禁止

 「アリさんマークの引越社」(引越社関東)で、「社員2人以上での飲酒を禁止する」という契約書を社員やアルバイトに書かせていたそうです。

 アリさんマークの引越社は、過重労働や残業代の未払いなどの違法行為で訴えられ、民放のテレビ番組で特集が組まれるなどして話題になり、2015年の第4回ブラック企業大賞にノミネートされた会社。その雇用契約書に「社員及びアルバイトとの複数(2人以上)での飲酒は禁止します」と言う項目があり、「発覚した場合は懲戒解雇処分とします」としています。

 しかも、実際にこの規則に違反して懲戒解雇されたケースがあるらしいと言うから驚きです。

 引越なら運転もありますし、仕事がある前日の飲酒を禁止することはあり得る話ですが、2人以上を禁止というのが意味不明。1人なら良いのでしょうか?、つまり酒が問題なのではなく人数の問題と言う事でしょうか?。

 いずれにせよ、従業員の私生活にまで入り込むような就業規則が許されるとも思えません。

日本、スクリーンクオータ制度の見直し要求

 日本政府が欧州連合(EU)と進めている経済連携協定(EPA)交渉の中で、「スクリーンクオータ制度」の見直しを求めているそうです。

 スクリーンクオータ制度と言うのは、自国内で製作された映画の上映を日数やスクリーン面数などの最低基準を設けて国内の映画館に義務付ける制度で、日本でも1945年に映画法が廃止されるまで、同様な制度がありました。EUではスペイン、ギリシャ、フランス、イタリア等でこの制度が採用されています。

 日本政府は「クールジャパン戦略」の一環として、邦画や日本製アニメなどの輸出拡大を目指していますが、スクリーンクオータ制度はその障害になると言うわけです。アメリカ合衆国政府も、同制度を非関税障壁と見なしています。

 また、フランスではスクリーンクオータ制度とは別に、テレビ放送のうちプライムタイムに放送される番組の60%をEU加盟国内で、40%を自国内で製作された番組とすることを放送局に義務付けてい「ブロードキャストクォータ」と言う制度もあります。