野球殿堂顕彰者5人を発表

 野球殿堂博物館は18日、今年の野球殿堂顕彰者5人を発表しました。競技者表彰の「プレーヤー部門」は現巨人2軍監督の斎藤雅樹氏(50)と、現福岡ソフトバンクホークス監督の工藤公康氏(52)が選出されています。同じく「エキスパート部門」は故・榎本喜八氏が選ばれました。

 斎藤雅樹氏は1982年にドラフト1位で巨人へ入団。右のサイドスローから繰り出す速球を武器に、2年連続20勝や11連続完投勝利の記録を残し、沢村賞にも3回輝きました。

 工藤公康氏は1981年にドラフト6位で西武ライオンズに入団。左のエースとして西武の黄金時代を支え、その後ダイエー(現ソフトバンク)ホークス、巨人と渡り歩いて224勝を挙げ、優勝請負人と呼ばれました。工藤氏は資格取得1年目のでの選出で、これは1960年のビクトル・スタルヒン、1994年の王貞治、2014年の野茂英雄の各氏に続き、史上4人目です。

 榎本喜八氏は1955年に毎日オリオンズ(現千葉ロッテ・マリーンズ)にテスト入団。安打製造器の異名を取った最初の選手として知られ、1000本安打と2000本安打の最年少記録をはじめ、数々の高卒新人記録を保持しています。

 また、アマチュア野球関係者などが対象の特別表彰は、元衆院議員で太平洋戦争後の野球復興などに尽力した故・松本滝蔵氏と、法政大学で投手として東京六大学野球リーグ歴代最多の通算48勝を挙げ、1992年バルセロナオリンピック日本代表監督も務めた山中正竹氏(68)が選出されています。

 これで殿堂入りは競技者表彰89人、特別表彰103人の合計192人となりました。

A・ロッド、来季の出場停止処分か

 アメリカのスポーツ専門局ESPNの3日報道によれば、メジャーリーグ機構がニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手を来季終了まで出場停止とする処分を科す見込みだそうです。

 メジャーリーグの複数の有力選手がマイアミのクリニックから禁止薬物を提供されていたとされる問題についての措置で、他に12選手ほどが出場停止処分を受けるとみられ、5日に発表されるとのことです。また報道によると、ロドリゲス側は出場停止処分が科されれば不服を申し立てる方針ですが、メジャーリーグ側は申し立ての期間中にプレーすることを認めない見通しです。

 アレックス・ロドリゲスは1993年、18歳の時に全米ドラフト1位(全体1位)指名を受けてシアトル・マリナーズと契約。翌年7月8日、1900年以降のメジャーリーグの遊撃手としては史上3人目となる18歳で、メジャーリーグのキャリアをスタートさせると、1996年には早くも3割5分8厘、36本塁打、123打点で首位打者を獲得。その後も順調にキャリアを積み重ね、2000年にフリーエージェント権を取得すると、テキサス・レンジャーズと10年総額2億5200万ドルという空前の条件で契約。2004年にニューヨーク・ヤンキースへ移籍していました。

立候補ファイル提出

 2020年夏季オリンピックの東京開催を目指す招致委員会は7日午前10時(日本時間午後6時)、立候補ファイル(詳細な開催計画)をスイス・ローザンヌの国際オリンピック委員会(IOC)本部に提出しました。

 IOCは最終選考に向けて、今月中にも支持率調査に乗り出すとみられますが、今の所これが東京最大の弱点です。ライバルは共に賛成が70%を超えているにもかかわらず、東京は47%。その後60%程度まであがってきたといいますが、まだ差はあります。ただし、ロンドンも賛成は60%台だったと言うことなので、かならずしも支持率で決まるわけではありません。

 以前長野オリンピックが莫大な赤字を残して終わったこともあり、経済効果に懐疑的な声が強いです。今更東京で、と言う意識もあります。これが東京でなく、地方都市だったらまた違ったかも知れませんが。

 今回は東京で仕方ないとしても、将来的に大阪や福岡などで開催できるよう今から準備を始めたらどうでしょうか?。東京が落選したら、次は地方都市で立候補できるように。