ライブドア、2億7千万円支払いへ

 ライブドア(現LDH)の粉飾決算事件によって株価が暴落した事で損害を受けたとして、個人株主らがLDHなどに損害賠償を求めていた訴訟は18日、最高裁判所第1小法廷(山浦善樹裁判長)で、LDH側が原告の請求を受け入れる「認諾」を表明して事実上終結しました。

 LDH側が上告した株主49人に計約2億7400万円を支払う内容で、これにより株主側は堀江貴文・元ライブドア社長(39)らへの訴えを取り下げることになります。

 旧ライブドアは株式の分割や、ニッポン放送をはじめとする企業の買収などで急激に巨大化する事で株価を上昇させましたが、2006年に証券取引法違反(有価証券報告書虚偽記載)により東京地方検察庁特別捜査部の捜索を受け、当時の社長である堀江貴文や役員の宮内亮治ら4名が証券取引法違反で逮捕されました。これを受けてライブドア株は暴落、多くの株主が損害を受けたとして損害賠償を求める裁判を起こしていました。

 上告した株主以外のほとんどが既に和解しているそうですが、まだ続いていたのですね、ライブドアの裁判。

スーダン通貨詐欺、被害1億円以上か

 外国通貨の購入を持ちかけて現金をだまし取ったとして逮捕された詐欺グループによる被害が、10都道府県で少なくとも1億円に上る事が判明したそうです。
 
 詐欺グループは、スーダンポンドと言うスーダン(アフリカ)の通貨の購入を持ちかけ、北海道、東京都、岐阜、香川両県など10都道府県の60~70歳代の男女10人から現金をだまし取ったとして大分、岐阜、山形の3県警に摘発されていました。

 3県警の捜査本部は、金の受け取り役の男ら4人を逮捕。「暴力団から指示された」との供述を得ていると言う事で、組織の全容解明を進めています。

 逮捕されたのは住所不定、無職山本国人(25)、千葉県船橋市の会社員立花健作(37)の両被告(詐欺罪などで公判中)。

 両被告は今年の1月、大分市の女性宅に「経済成長を続けるスーダンに今、世界が注目しています」と書かれた実体のない東京の会社のパンフレットを郵送、400万円を詐取しようと計画。1月30日に金の引き渡し場所に現れたところを逮捕されました。更に岐阜県大垣市の70歳代の男性から同様の手口で1300万円を詐取した容疑で再逮捕されました。

 良く聞詐欺の手口です。ちょっと前まではイラクの通貨でしたが、最近は対象がアフリカに移ってきてるようです。しかし金の引き渡しに現れた所を逮捕、と言う事は騙された岐阜の男性は1300万円もの大金を振り込みではなく直接手渡しだったと言う事になりますが、は怪しいと思わなかったのでしょうか?。

ペットのニシキヘビに襲われ66歳死亡

 茨城県牛久市神谷5丁目、酒類販売業藤田正二さん(66)の家族から14日午後11時すぎ、「(藤田さんが)ニシキヘビにかまれた」と119番通報があり、藤田さんは病院に運ばれましたが、約1時間後に死亡が確認されました。

 藤田さんは、自宅の隣で長男(42)が経営するペットショップの飼育場(約120平方メートル)で倒れており、全長6.5メートルのアミメニシキヘビがオリの外に出ていたそうです。首や頭に絞められた痕があったそうなので、噛まれて死亡、というより巻き付かれて絞め殺されたと見るべきでしょう。

 アミメニシキヘビは毒蛇ではありません。とは言え、体長6.5メートルのヘビであれば老人を絞め殺すことは十分に可能です。本来厳重に管理されなければならないはずなのに、どうして檻の外に出ていたのか。死亡していた藤田さんが外に出したのでしょうか?。

 ただ、余程空腹であるか、こちらから攻撃を仕掛けなければ襲われることも無いと思うのですが、一体飼育場で何があったのか?。