小久保引退

 日本プロ野球を代表する強打者として活躍してきた、福岡ソフトバンク・ホークスの小久保裕紀内野手(40)が14日、今季限りでの現役引退を表明しました。

 王貞治球団会長と秋山幸二監督に意志を伝え、ロッテ16回戦終了後、福岡ヤフードーム内で会見を開きました。プロ19年目の今季は、6月24日に史上41人目となる通算2000安打を達成したばかりでした。

 試合終了から20分後。前もって内容を明かさずに設定された会見場に、小久保選手はユニホーム姿のまま現れると、「午後、王会長と秋山監督、小林(海外兼中長期戦略部)部長に、今季限りで現役を引退するという話をさせてもらいました」と、自らの決断を明かしました。

 ここ数年自慢の打撃に陰りが見え、今シーズン5月22日に通算2000安打に王手をかけながら、腰椎椎間板ヘルニアで離脱。登録抹消もあって、結局達成までに33日かかっていました。その後は打率も下降気味で、この日もスタメンを外れるなど出場機会も減少、本塁打もここまで2本にとどまっています。小久保選手は「体は元気だけど、フリー打撃でボールが飛ばなくなったり、完全にホームランだなと思った当たりがセンターフライだったり。試合に出られなくなったというより、自分の実力」と、決断に至った理由を明かしています。

 小久保選手は1993年、青山学院大学からドラフト2位で当時のダイエー・ホークス(現ソフトバンク・ホークス)へ入団。ホームラン王1回、打点王1回、2011年には史上16人目の400本塁打を記録するなど、右の強打者として活躍してきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です