井上雄彦氏が親善大使に

 外務省の2日発表によると、人気漫画の「スラムダンク」で知られる漫画家井上雄彦さんを日本スペイン交流400周年事業の「親善大使」に起用するそうです。

 官民でつくる「日本スペイン交流400周年実行委員会」が2日に任命したもので、井上氏はスペインの建築家ガウディをテーマにした画集を発表しているほか、スラムダンクは現地でも人気が高いため、適任と判断。2014年には、ガウディをテーマとした井上氏の作品展が両国で計画されると言う事です。
 400周年事業は今年6月から始まっており、井上氏の任期は事業終了の14年7月31日まで。

 井上雄彦は、1988年に手塚賞入選の「楓パープル」でデビュー。1990年に週刊少年ジャンプで連載を開始した、高校のバスケットボール部を舞台にした「スラムダンク」が大ヒット。日本におけるバスケットボールブームの火付け役となり、2004年に国内発行部数1億部を突破。この時には6紙の朝刊で1面広告を掲載、神奈川県の廃校でイベント「1億冊ありがとうファイナル」を開催したほどでした。
 2010年現時点の累計発行部数は、完全版を含めて国内で1億1700万部を超え、日本バスケットボール協会からは特別表彰も受けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です