XPサポート明日で終了

 マイクロソフト(アメリカ)のパソコン用基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」のサポートが9日に終了します。

 しかし、調査会社IDCジャパンの7日発表によれば、XPを搭載するパソコンが今年6月末時点でも592万台が使われ、パソコン全体7656万台のうち7・7%を占める見通しだそうです。

 IDCジャパンが国内パソコン出荷台数を基に、企業への買い替え予定やメーカーへの出荷状況の聞き取り調査などを加えて推計したもので、内訳は法人所有241万台、個人所有351万台となっています。札幌や横浜、神戸などの地方自治体でも更新が間に合わず、1万台単位のXP搭載パソコンが9日以降も使用され続ける見込みです。

 ウィンドウズXPがリリースされたのは2001年(平成13年)。それ以来、歴代ウィンドウズの中で最も成功したOSとして多くのユーザーに使われてきました。そのため、マイクロソフトは通常10年でサポートを終了する所、3年延長して13年にわたってサポートしてきましたが、遂にそれも明日で終了です。

 今後アップデートは行われなくなるので、XPは新たな攻撃手段にたいして脆弱になるためウィルス等に感染しやすくなります。個人情報の流出や、他のパソコンへ侵入するための足がかりにされるなどのリスクが高まるので、どうしてもXPを使用する場合はインターネットに接続しないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です