飲酒を抑えるワクチン

 チリの研究者が6日、地元のラジオ局に明らかにしたところによると、「お酒を飲みたい気持ちを抑えるワクチン」が同国で開発されており、2012年から臨床試験が実施されるそうです。

 研究チームを率いるファン・アセンホ氏の説明によると、この遺伝療法はアルコールを代謝する酵素の一種でアルコール耐性を司る「アルデヒド・デヒドロゲナーゼ」に基づいて行うと言うことです。

 アジア人の約20%にはこの酵素が欠損しているため、アルコール耐性が低く、飲酒によって様々な不快感を感じることになります。開発中のワクチンはこの反応に類似した不安感、吐き気、頻脈などを増長させる効果がある。簡単に言うと、お酒に弱くなる。そのため、ワクチンを接種すると、アルコールを摂取したいという願望が大幅に減少する効果があると期待されています。

 実際にアルコール依存症のラットにこのワクチンを投与する実験では、アルコール摂取を半分に減らすことに成功。アセンホ氏は「人間ではアルコール摂取を90~95%減らせれば」と語っています。

 このワクチンは禁煙用のパッチやピルと同様に作用しますが、他の細胞への副作用を避けるために肝臓細胞のみを対象としており、より効果的であるという事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です