ニュートリノの速さ「光と差がない」

 ジュネーブの欧州合同原子核研究機関でニュートリノが光より早いとの観測結果が出た件について、同じ装置を使った別の研究チームが15日、独自の測定では「ニュートリノの速さは光と差がない」とする論文をインターネット上で発表しました。

 ニュートリノが光速より速ければ、光より早いものは無いとする相対性理論が、即ちこれまでの物理学の常識が覆り、タイムマシンも可能かも知れないと騒ぎになりましたが、やはり物理学の常識は覆らなかったようです。

 この研究チームは、超光速ニュートリノの観測を報告したOPERAチームと同じニュートリノ生成装置や時刻データなどを使用。同じように約730キロ・メートル離れたイタリアの研究所まで届く時間を計測。OPERAチームとの違いは、ニュートリノの検出器だという。計測の結果、ニュートリノは見かけ上、光速より100億分の3秒早くイタリアに達したが、これは誤差の範囲であり「光速と差はない」と結論づけたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です