同僚との飲み会禁止

 「アリさんマークの引越社」(引越社関東)で、「社員2人以上での飲酒を禁止する」という契約書を社員やアルバイトに書かせていたそうです。

 アリさんマークの引越社は、過重労働や残業代の未払いなどの違法行為で訴えられ、民放のテレビ番組で特集が組まれるなどして話題になり、2015年の第4回ブラック企業大賞にノミネートされた会社。その雇用契約書に「社員及びアルバイトとの複数(2人以上)での飲酒は禁止します」と言う項目があり、「発覚した場合は懲戒解雇処分とします」としています。

 しかも、実際にこの規則に違反して懲戒解雇されたケースがあるらしいと言うから驚きです。

 引越なら運転もありますし、仕事がある前日の飲酒を禁止することはあり得る話ですが、2人以上を禁止というのが意味不明。1人なら良いのでしょうか?、つまり酒が問題なのではなく人数の問題と言う事でしょうか?。

 いずれにせよ、従業員の私生活にまで入り込むような就業規則が許されるとも思えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です