橋下市長「組織として異常、免職も」

 大阪市環境局の職員約3200人のうち約50人が、同局の調査に「入れ墨をしている」と回答したことを巡り、橋下徹市長は14日、人目に触れる部位に入れ墨をしている職員の分限免職を検討する考えを示しました。

 橋下市長は、「(民間企業でも)大方は入れ墨を許していない、というのが僕の感覚。身分保障に甘えた公務員の世界だから、横行している」と指摘。「組織として異常だ。すぐ懲戒免職は難しいが、分限(免職)はあり得る」と述べ、「市民の目に触れる公の職員が入れ墨をして、市民サービスをやるというのはおかしい」と主張していますが同感です。市民から通報される程はっきり判るような入れ墨をするなど、考えられません。

 そしてもう一つの問題は、これが大阪特有の問題なのかどうかです。全国の地方自治体の実態はどうなっているのか?。もし、大阪と同じような状態だとすれば、かなり深刻な問題だと言わなければなりません。これを機に、全国一斉調査でもやってくれると良いのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です