ペットのニシキヘビに襲われ66歳死亡

 茨城県牛久市神谷5丁目、酒類販売業藤田正二さん(66)の家族から14日午後11時すぎ、「(藤田さんが)ニシキヘビにかまれた」と119番通報があり、藤田さんは病院に運ばれましたが、約1時間後に死亡が確認されました。

 藤田さんは、自宅の隣で長男(42)が経営するペットショップの飼育場(約120平方メートル)で倒れており、全長6.5メートルのアミメニシキヘビがオリの外に出ていたそうです。首や頭に絞められた痕があったそうなので、噛まれて死亡、というより巻き付かれて絞め殺されたと見るべきでしょう。

 アミメニシキヘビは毒蛇ではありません。とは言え、体長6.5メートルのヘビであれば老人を絞め殺すことは十分に可能です。本来厳重に管理されなければならないはずなのに、どうして檻の外に出ていたのか。死亡していた藤田さんが外に出したのでしょうか?。

 ただ、余程空腹であるか、こちらから攻撃を仕掛けなければ襲われることも無いと思うのですが、一体飼育場で何があったのか?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です